【ちょー美しい国…!】ジブリ『魔女の宅急便』の舞台、ストックホルム散策♪

あのスタジオジブリ『魔女の宅急便』の舞台になった、ストックホルム。どこを見渡しても美しい景色で、お散歩しながら街を歩くと、まるで映画の中に吸い込まれたみたい……!そんな、ストックホルムの街並みを歩いて見たので、ご紹介します。

360度の絶景!水面を見ながらお散歩

スウェーデンの首都ストックホルムは、あのスタジオジブリ『魔女の宅急便』の舞台になったと言われている場所。時差は8時間で、日本の方が早く進んでいる状況なので、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』みたいに、時間が遅れて進んでいるというわけです。ストックホルムの第一印象は、海を囲んで浮いている島?のような感覚。ぐるっと一周散歩してみても、常に視界には海?湖?があります。

ダーリン解説によると、海と湖が半分ずつらしく、実際に手で水をすくって舐めてみましたが、海のような塩気はありません。小さな島がたくさん周りにあるそうで、日本の都心ではあまり見かけませんが、移動手段にボートや船がメジャーだとか。移動手段だけではなく、水面に浮かんだ「ボートホテル」もありました。(←普通のホテルより、安いらしい。でも、常に水辺に浮かんでいる状態ということは……船酔いとかしないのかな?と少し心配です。)土地が広いため、水面部分も利用できるのが面白い発想ですよね。また、冬の寒い時期は太陽がとっても近くにあるため、目の前にあるんじゃないか?と思うくらい眩しい位置にありました。写真で伝わるかしら?

無料で、アートが見れるところがいっぱい

そして、ストックホルムにはたくさんの美術館や博物館があります。しかも、無料っ!:-o

今回見たところは、美術館や教会などなど。面白かったのが、鎧?のトライコーナーがあって、実際に被ってみましたが、重たい重たい hahaha。素早い行動はできないけれど、刃物で切りつけられたり、ピストルで撃たれたりしても安全だということがよくわかりました。

建物の造りはもちろんのこと、展示品の衣装や備品も素敵なデザインばかりで、ヨーロッパ建造物やロココ家具が好きなハニーとしては終始うっとりです……!日本の博物館もありましたが、時間の都合で開いておらず泣く泣く断念。スウェーデンでは、日本文化も人気らしく、ワンピースやるろうに剣心などのフィギアがあったり、日本刀や侍が描かれていたりと親近感たっぷりです。

しかし、基本的に館内の説明は全てスウェーデン語(たぶん)でした。様々な言語のパンフレットが受付に置いてあるので、資料を参考にするならばその辺りを活用するのがオススメです。

奇跡的に軍隊パレードとスウェーデンキングに遭遇

これはかなりラッキーな出来事なのですが、たまたまスウェーデンの国旗を変える?タイミングだったらしく、ストックホルム王宮内で、軍隊パレードとスウェーデンキングのスピーチを見ることができました。公の前に現れることはかなり珍しいらしく、ダーリンは人生で見たのは2回目だ!と驚いていました。「ハニーは運がいいね」だってさ。:-D!!Yeah ラッキーガール。

敷地内でこっそり?行われていたので、観覧客は多くいましたが、わりと少ない人数だったと思います。日本人は私だけかな?と、期待してみる……hahaha。ブラスバンドの演奏も、素晴らしいの一言。音が“輝かしい”と表現するのが一番ふさわしい気がする。明るくて神々しいサウンドに、うっとり。

何も予定を決めずに歩き回るだけでも、かなり癒されるストックホルムですが、さらに充実させたいならば、美術館や博物館の位置関係を事前にリサーチしておくことがオススメ。宿泊場所にもよりますが、歩いて回れるのでスムーズな移動ができると時間効率よしだと思います。(早すぎる時間は、開いてません。10時?11時?オープンだったかな。曖昧情報で申し訳……;-()

あと、スウェーデン王宮では、鋭い剣?を持ったガードマンが24時間体制で立っていました。映画に出てきそうな感じのアレです。アレ。寒そうに警備している姿も、なかなか観光ポイントだと思います。ぜひ、チェックしてみてくださいね〜! :)See you!!

次は、どこに行く?


\他の海外ブログも参考にする?/

人気ブログランキング

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
最新情報は、こちらから!