海外でTEA TIME♪ 英語でカフェ注文するときに使えるフレーズ

日本語で頑張って話しかけても、理解してくれないのが海外の現実……。英語力がかなり乏しいハニーは、コミュニケーションを取るために英語スキルアップを頑張っている状況です。

飛行機の受付や切符の買い方、店員さんとのやり取りは基本ダーリンが代わりにやってくれるのですが、それでは一生話せるようにならないので、カフェ注文は自分で行く練習から始めています ;-(。そこで、学んだカフェ注文のノウハウをご紹介します。

商品名・サイズ・飲む場所は?

日本のカフェ注文を思い出してみると、「カフェラテで、Mサイズ、ここで飲んで行きます」など、商品名とサイズ、飲む場所を言いますよね。それを英語で置き換えてみると、

〈商品名〉
・coffee(コーヒー)
・Cafe latte(カフェラテ)
・Cafe mocha(カフェモカ)
・Tea(紅茶)
・Green Tea(お茶)

など、商品名は“具体的にはっきり”発音を。ダーリンは、いつもカフェラテにエキストラショットを注文するのですが、私が代わりに注文する時に「Caffe latte extra shot」と言ったら通じなかったので、濃いめのコーヒーを足したら同じなのかな?と思って、「Caffe latte espresso」と言い換えたら、カフェラテとエスプレッソが別々で来ました。マジで。その後ダーリンに確認したら、「Please add an extra shot to the cafe latte(カフェラテに、エキストラショットを入れてください)」で通じるそうでです。

↓間違えて来てしまった、飲み物たち 😮 hahaha

ちなみに、北欧の方は日本のようなノーマルコーヒーがあんまりなくて、アメリカーノが主流のよう。ラテやカプチーノが多い印象でした。もちろん、チェーン店ではノーマルコーヒーもありましたが、小さなショップに行って、「normal coffee」と頼んだら「Americano?」と聞き返されることもしばしば。

あとは、「Mango Passion Smoothie」と頼んだつもりが「Mango Passion Tea」が来たことも。ネイティブ英語が話せる方には、そっからかよ!と言う感じで申し訳ないですが、商品名をはっきり発音しないと、冗談抜きで違うメニューが届くので注意が必要ですっ!!マンゴーパッションはちゃんと伝わったみたいですが、語尾がもぞもぞして聞こえなかったのかな……。ちなみに「coffee」を頼んだらコークに聞こえたらしく、コーラが出てきた友人情報もあります:O。印象に残ったイントネーションで判断されてしまう可能性があるので、最後までハッキリ発音するのがコツですよ。

その他、カフェで必ず聞かれるフレーズはこちら。

  • サイズを聞かれる時
    「Small(小) or Large(大)?」が多い印象。「S・M・L」など、丁寧にカップを見せながら聞いてくれるカフェもありますが、何も言わないとLargeサイズで出てくることもある(海外のLargeサイズは結構大きい)ので、ちょっとお茶したいだけならSmallサイズで十分かと思います。
  • 飲む場所を聞かれる時
    「For here or To go?」と聞かれたら、店内で飲むのかテイクアウトなのかを答えましょう。「For fere」は店内、「To go」は持ち帰りと言う意味です。

種類を選択する時は?

あるカフェで、Tea(紅茶)を頼んだ時のこと。メニュー表には「Tea」としか書かれていなかったので、発音良く「ティー!」と言ったのですが、5種類ぐらいのティーパックから選ぶタイプでした。

どれを選択したら良いかわからなかったので、「How is this different?(これは、どのように違いますか?)」と聞いてみたところ、「tropical(トロピカル)」「Darjeeling (ダージリン)」「Green(お茶)」など、それぞれの違いを教えてくれました。これは、ちゃんと通じたらしい。フレーズがすぐに出てこなかったとしても、「different(違い)」の言葉で、なんとか切り抜けられると思います。

ミルクや砂糖を入れるには?

コーヒーを注文すると、「How would you like your coffee?(コーヒーに何か入れますか?)」「Milk and sugar?(ミルクや砂糖は入れますか?)」など、ミルクと砂糖について聞かれます。ハニーはミルクしか入れないので、「Milk only(ミルクだけ)」と回答。「Milk」の発音がどこの英語圏かによって、聞き取れない時があるらしく、なんども「Milk」を言い直したことも……;-(。

「ミルク」ではなく「ミユク」的な発音に変えると通じる率が高いです。もし、ミルクと砂糖両方欲しい方は、「Both please(両方お願い)」で通じると思います。カフェで一息つくのも、ハードル高めですが、もっとバリエーション多く注文できるように頑張ります。Enjoy a cafe!!

次は、どこに行く?


\他の海外ブログも参考にする?/

人気ブログランキング

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
最新情報は、こちらから!