テレビを全く見ないハニー vs 年間約500本の映画を観るダーリン

把握しきれない数の言語を話したり理解したりする、ダーリン。日本から全く出たことがなかった私からすると、こんなに物知りで頭が良い人は世に存在するのかと思っている次第です。今まで生きてきて直接話した人の中で、もっとも「すごいなー!」と心から思えるスーパーマンみたいな人なのですが、時間の過ごし方が極端に違うので、少しづつ学ばせていただきたいと思っています。;-)

ずーーっと映画をみている

とにかく、映画をひたすら観ています。本当に。飛行機移動が多いこともありますが、フライト中は機内のモニターでひたすら映画を観ているし、仕事から帰ってきたり休日お家にいたりする時も、ひたすら映画を観ているイメージ。

テレビ番組やドラマではなく、ひたすら映画なのが、側から観察していると本当に面白いです。「ねえ、一日にどれくらい観るの?」と聞いたら、「だいたい3本くらいは観るかなっ」て。場面のシーンが先読みできる時やつまらなく感じた時は、早送りしているけれど、それでもすごい数!!

去年のフライト数は、約65回と言っていたけど、家での映画鑑賞をカウントしなかったとしても、約65×3=約200!?。それに加えてのんびりしている時間や、出かけない時は常に観ているから、そりゃーーーーすごい数になりますよ。たぶん500くらいの映画は観ていると言っていたけれど、何者ですか?hahaha

ちなみにハニーは、かれこれ何年もテレビを観ていません。テレビ番組やドラマに興味があまりないし、一人暮らしの時にテレビを一応買ったけど、もはや鏡なんじゃないかと思うくらい電源をつけなかったので、友達にあげました。:-P ダーリンが映画を観ている時は、たいていネットサーチかSNS、本を読むか寝ています。hahaha これが、人間の格差というやつか……(無念)。

言語を覚えるなら、映画が良いらしい

でも、いろんな言葉や文化を知るには、映画がすごく役に立つよって言っていました。ダーリンは歴史や文化に関する映画をよく観ているけれど、ある時代劇の映画が流れていた時のこと。「BUSI NO KOKORO」と真似して言っていたけど、「武士の心」が好きらしい。hahaha

たまに「なんでそんな言葉知ってるの?」と思う日本語があるけれど、映画を観ながら覚えたって言っていました。すごいなあ〜。言葉を単語やフレーズだけで覚えても、使うシーンが分からなかったら日常で使えないですが、映画はストーリーを観ながら言葉を知ることができるから、シチュエーションや背景も同時に勉強することができるみたい。だから、ハニーも寝てないで映画を観て英語を勉強しなさい、と言われ最近は一緒に隣に座って観るようにしています。が、頑張る……。;-)気づいたらそのまま寝ているの時があるのは、内緒にしておこう。

顔を見ただけで、どこの国の人かすぐに当てる

ちょっと余談ですが、ダーリンは顔を見たらこの国の人だろうと予測して、言葉を変えて話します。本当に天才なのかと思うけれど、知識と経験の量が違いすぎる。私からすると、みーーーんな同じ感じに見えるし、この前は空港で日本人と間違えて中国人に話しかけてしまったほどです。

ハニーも、いろんな国や人に対応できるようになっていくのだろうか。否や。スウェーデン語の「ありがとう=Tack(タック)」を最近覚えて、まだこれが限界です。Good luck!!

次は、どこに行く?


\他の海外ブログも参考にする?/

人気ブログランキング

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
最新情報は、こちらから!