シェレメーチエヴォ国際空港(モスクワ)情報。日本人が気をつけたい3つのこと

ロシアの首都モスクワ市内にある、シェレメーチエヴォ国際空港(SVO)。日本の成田空港(NRT)⇄ シェレメーチエヴォ国際空港(SVO)と、ロシア航空エアロフロートを使用するこの空港で乗り換えをすることがあります。しかし、ちょっぴり難易度が高い空港と、噂らしいですね……(確かに迷うし難しいっ!!!)。

そこで今回は、乗り換え時に気をつけたいことや、空港での過ごし方をご紹介したいと思います。

注意①  乗り換えの英語表示が少ない

シェレメーチエヴォ国際空港(SVO)で乗り換えをしようと思った時に、案内を頼りに進むと思いますが、ほんとーーーーーに英語表記が少ないです。ツアーなどで添乗員の方が同行しているならまだしも、英語がほんの少しだけ分かるハニーが、一人で乗り換えをするのはかなり迷うのが現実。

基本的に表示は、ロシア語か中国語。なぜ英語がない!?と、かなり焦ります(涙)。英語表記を見かけたのは、「Transfer」と「Passport control」くらいでしょうか?成田空港からシェレメーチエヴォ国際空港に向かう時より、シェレメーチエヴォ国際空港から成田空港に向かう時の方が難易度が高いと思います。

ゲートがたくさんあるので、迷ったらスタッフらしき人に聞いても良いです。が、無表情なケースが多いのでめげずに何人かに聞くのが良いかと。強いメンタルで立ち向かってくださいね。hahaha  あと、Googleの翻訳アプリをダウンロードして、オフラインでも使えるように事前設定しておくと、Wi-Fiがなくても翻訳機能が使えます。Google翻訳は、写真撮影して画像から翻訳してくれる機能もありますが、残念ながらシェレメーチエヴォ国際空港内では、「写真撮影が禁止」と表示が書かれているところもありました。

撮影がNGな場所でカメラを向けていると、注意を受ける可能性があるので気をつけたいところです……。ヒヤヒヤ

注意②  Wi-Fiは電話番号(SMS)が必要

空港内の待ち時間に、Wi-Fiがあると便利ですよね。しかしっ!!!!!!ここでは、E-mailでログインするタイプではなく、電話番号が必要になります。

つまり、SMS受信がいるということです。グローバルWi-Fiなどを持ち歩いていたり、国に対応したSIMカードを挿入したりで回避できるかもしれませんが、事前に何も用意がなく「空港だからWi-Fiくらい飛んでるよね」と行くと、SMS受信ができずに使えない状態になります。

そこでオススメは、カフェに入る方法。「Кофе ХАУЗ」というコーヒーショップがあるのですが、Wi-Fiが飛んでいるので、長時間待つ場合は連絡をしたり作業をしたりするには良いと思います。

カフェ参考サイト

・シェレメーチエヴォ国際空港カフェ情報(Кофе ХАУЗ)
https://www.svo.aero/ru/services/food-and-drinks/kofe-khauz

・カフェホームページ(Кофе ХАУЗ)
https://coffeehouse.ru/

※公式ホームページでは、ターミナルB(24時間)とインフォメーションがありますよ♪
フライト前には、ぜひ一度チェックしてみてください。

注意③  空港内アナウンスが少ない

一方で、のんびりチケットに書いてある時間ギリギリまでカフェにいるのは、ちょっと危険です。なぜなら空港内のアナウンスや、ゲート案内のディスプレイが少ないからです……。先日コペンハーゲン空港から成田空港までの乗り換えで使用した時に、ゲート付近で待っていても全然表示されないので、変だなーと思っていたら、飛行機の遅れがあったらしく急遽ゲートと到着時間が変更に(結局、一時間遅れ)。

アナウンスの言語がよくわからなかったので、全く理解できずにソワソワした経験をしました。たまたま日本人のツアー団体がいたので、状況を聞いてみると変更内容を教えてくれました(汗)。カフェに入るとWi-Fiがあると上記で説明しましたが、搭乗ゲートから少し離れていました。つまり、近くにいないとゲート情報が分からないので、ずっとカフェにいるのは避けたいところです。

あと、時間の遅れがあった時に、時間変更等の連絡をしたくてもWi-Fiがないと連絡が取れないというパターンになりえます。空港までお迎えに来ている人がいる場合は、どう乗り切れば良いのか……。いやはや:-(

というわけで、シェレメーチエヴォ国際空港での過ごし方や乗り換えは、もろもろ慎重にいきましょう。heeeeeee!!!!!


\他の海外ブログも参考にする?/

人気ブログランキング

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
最新情報は、こちらから!