海外旅行をすると“人の本質”が見える?距離をグッと縮める恋愛論

じっくりコトコト時間をかけて相手を知るのも、よし。短期間で相手を知るのも、よし。どちらも、「相手を知る時間」には変わりません。が、何年も一緒にいて、イマイチ相手の本質が掴めない!とモヤモヤしているならば、思い切って海外旅行に行ってみることをオススメします。なぜなら、相手の本質が一瞬で分かるからです。

本質を見抜く3つのポイント

私は、日本でダーリンと出会い、初めてのデートから2週間?ほどで北欧に行きました。本来ならラブラブ真っ盛りで、お互いにまだ気恥ずかしさもあり、すっぴん見せるのも抵抗あり!というのが女性の本音だと思います。恋愛の初期段階って……そうですよね?

しかーーーーーし、その恥ずかしいとか言ってられない状況になるのが、海外旅行です。私たちの場合は、旅行というかダーリンの仕事の都合で動いているので、もはやそれが生活スタイルになっているのですが、“海外に長期間行く”という意味でぜひ考えてみてください。

ポイント① 荷物の制限により重要なものだけ持参

まず、これです。私は、お店に置いてある一番大きなサイズ(L)を購入しました。いつもカウンターで荷物の重量を測るときには、23キロ?とかあるので結構大きいと思います。一方で、ダーリンは基本トランクすら持っていません(笑)。持っていても、私よりふた回りくらい小さいです。

いざ自分の部屋を離れて、日本と同じものがないかもしれないという状況になったとき、自分が一番大切にしている厳選されたものだけを持って行くという行動に出ます。これが本当に面白くて、全く嘘がつけません。なぜなら、空港で荷物検査まであるからです。

金属類はピーッとなるし、ベルトや靴の装飾品まで事細かく指摘される境遇の中、嘘がつけますか?(笑)私の荷物の中は、肌に触れるもの系(美容グッズ)と、日本の書籍、下着と洋服、靴あたりです。手荷物にはパソコンや充電器、カメラ、貴重品など。「本いっぱいだねー」と初めは聞いてきましたが、私は仕事で必要な本もあるので日本語の本がないと困る!と思って持って行きました。

一方、ダーリンは仕事用のスーツ、シャツ、ネクタイ。あとは、電子機器と国が変わっても対応できるように、いろんな形の充電器。大量の名刺の束?とか。ポケットには、どこの国のコインなのかごちゃ混ぜのが、チャリンチャリン入っているとか。そう、荷物をみたらその人の生活スタイルや重要視しているものが、すぐに理解できるのです。

ポイント②  新しい土地で身勝手な行動ができない

そして、厳しい荷物検査やパスポートチェックから始まり、飛行機の中でもルールがありますし、現地に到着した後も相手の国のルールにしたがって行動する必要があります。身勝手な一人行動はできません。ましてや言語が分からない場合は、かなりのハンディキャップがあります。

私たちの例でお話しすると、私は英語がちょっとしか分からないですが、ダーリンは約8ヶ国語話せます。いわゆる、どこでも一人で大丈夫なわけです。もし、ダーリンが一人で身勝手な行動をして私を置いてけぼりにしたら、私は速攻で迷子になります。頼る人もいません。

私とダーリンでは、海外経験が雲泥の差があるので、一人でサッサと行動した方がもちろんスムーズですが、ダーリンは新しい土地についたらまず、私が一人でも行動できそうな場所や居場所となるカフェを一緒に探してくれます。「ここのカフェはネット環境もあるし、ハニー仕事できるんじゃない?」とか。私はそれにしたがって、カフェに行きます。ダーリンが開拓してくれなかったら、見つけることすらできないかもしれません。

スーパーマーケットの場所、駅の場所もそうです。日本なら多少迷子になっても人に聞いたり、案内を見たりできますが、全く言葉も土地勘も違う場合は、一つ一つ確認が必要になります。私はぶっちゃけ、協調性も低いし一人行動大好き派。一人でお散歩しながら新しいカフェを開拓!なんてことも、本来すごい好きなのですよ。

でも、それが一人の力ではできないし、私が勝手に行動したらダーリンは私を探すのに一苦労することでしょう。なぜならネット環境が飛んでいない場所に私がいたら、連絡が取れません。携帯電話がなかった時代にタイムスリップします。「ここで何時に待ち合わせね?」と約束しても、来なかったら待ち続けるしかないのです。

日本にいる時より、事細かく一緒に行動するようになり、リレーションシップが芽生えるのと同時に、どこに優先順位を置いて行動しているのか?が見えると思います。

ポイント③  衣食住を濃密に過ごすことで見える習慣

最後は、慣れない環境で生活を24時間共にすることで、人間性を肌で感じることができます。食の好みもそうですが、何をしたら機嫌が悪くなって、何をしたら喜ぶのか?という喜怒哀楽、デート先や買い物での金銭感覚や遊び方。疲れてストレスが溜まった時に、どんな態度になるのか?などなど。

近所で週に一回デートを週末にしているだけでは気づかない、ちょー人間らしい部分をたくさん見ることができます。同棲も同じことじゃないの?と感じそうですが、私の個人的な意見では同棲より海外旅行の方がもっと濃厚です。

同棲は、自分の荷物スペースや居場所をある程度確保できたり、秘密ごとも作れたりすると思います。しかし、ポイント①でもお話ししましたが、海外に行くには荷物検査をクリアしなければなりません。つまり、秘密ごとなしの荷物に、初めての宿泊施設で寝泊まりするわけです。

日本の同棲より、もっと人間らしさが出ますよ。キャンプとか合宿とか、そっち系に近いです。サバイバル力が問われるため、いざ!という時にどれだけ自分を守ってくれるか?というのも、カップルにとっては重要ですよね。

海外生活をするようになって……。

人間の本質は、余裕がなくなると隠せない状況になります。疲れて相手を思いやる余裕がなくなったり、言葉が分からずにうまくコミュニケーションが取れずにイライラしたりすることもあります。でも、見知らぬ土地にはダーリンしかいない。おかげで、私の身勝手な行動(?)はかなり減ったと思うし、ダーリンは一生懸命、私の協調性の低さを修正しようとしてくれました。

そして、私もダーリンに対して、あんまり心配かける行動はしたらダメだな〜と思えるようになりました。それは、嘘や隠し事ができない状況で、ダーリンの本質を知ったから。ダーリンも同様に、私の本質を理解してくれたから。と、思っています。以上、短い時間でも、距離をグッと縮める恋愛論でした!BEY!!!!

次は、どこに行く?


\他の海外ブログも参考にする?/

人気ブログランキング

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
最新情報は、こちらから!