協調性0のハニーに「ファミリー時間」の大切さを教えてくれた

どうもこんにちは、自由奔放に生きてきたハニーです。世の中にはいろんな“家族のあり方”があると思いますが、私が育った家庭は少しだけ違った景色でした。その中でも家族揃ってご飯を食べると言う事に関して、私はかなり認識が欠けていたように思います。一人行動が多かった私は、ご飯は好きな時に好きなタイミングで食べる。そんな感覚で生きていたので、むしろ干渉されることの方が苦手になっていました。

「ファミリーを待つのは当然だよ」

ダーリンに出会ってから、すごく苦労したことの一つでもあります。私は悪気なく一人行動をしたり、軽食をつまんだり。ちょっと遠回りして帰って寄り道したり、自分の時間を作ったり。かなり自由行動が多かったので、「なんで一人でご飯を食べようとするの?」「ご飯を一緒に食べるのがファミリー時間だよ」と一生懸命教えてくれました。ハニーがちゃんと家に帰ってくるまで、僕はご飯を食べないと待ち続けた日もあったね。

たぶん、一番閉じていた気持ちだったと思う

初めは、正直とても窮屈でした。なんで自分の好きな時間に好きな事ができないのか。どうして遅くなるときは、連絡しなければならないのか。ずーーっと一人暮らしだった私は、それすら理解できない協調性0の生活スタイル。でも、めげずに「家族の大切さ」を教えてくれたね。ありがとう。

ダーリンはとても忙しいし難しい仕事をしているけれど、そんな中でも「ファミリー時間」をとても大切に想ってくれています。「クッキングタイム」「ディナータイム」「バスタイム」「ベットタイム」「クリーンタイム」「ショッピングタイム」。

何でもかんでも「〜タイム」とつけては、一緒に行動したり共有したりする日々。少しずつ、「ファミリー時間」を作ることの大切さが分かってきた気がします。明日もいつものように、コーヒータイムに、スーパーマーケットタイム。私の欠けている部分が、少しずつ埋まっていく気がするよ。Thank you darling:D

次は、どこに行く?


\他の海外ブログも参考にする?/

人気ブログランキング

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
最新情報は、こちらから!